​学生インタビュー 造形・美術コース 片岡 茉奈実

Q. このテーマを選んだきっかけを教えてください。 テーマ「広がる世界」
元々、立体造形で何か作りたいとは思っていたのですが、先生と相談しているうちに3DCGという選択肢が出てきました。今まで挑戦したことの無い、新しいジャンルに興味を強く惹かれました。今年度、モデリングの分野に詳しい先生が入ってこられたこと、立体的なものを作りたい、新しいことに挑戦したいということは決めていたので、タイミング的にも丁度いいんじゃないかとこのテーマにしました。
Q. 制作した作品のこだわりを教えてください。
VRならではの視点で楽しめるようになるべく奥行きや動きのあるシーンを増やせるように工夫しました。
Q. 今回の卒業制作で、大変だった点を教えてください。
モデリングに触れるのは今年が初めててゼロ地点からのスタートとなったので中々操作になれず大変でした。先生と1対1で親身に教えて貰ったので大変助かりました。授業とはまた違うペースで覚えることや学んだことを応用する場面も多く柔軟な考え方を要求されるシーンが多く悩むことも多かったです。